MENU

目の下のクマが消えない?生まれつき?遺伝なの?

目の下のクマ,遺伝

 

 

クマにお悩みの方の中には、生まれた時から目の下にクマがあり、いろいろやって努力してもとれない、という方もいます。

 

生まれた時からって、ツラいし大変ですよね・・・。お気持ちお察しいたします。

 

物心つく前でしたら本人はそんなに気にならないかもしれませんが、でも一番かわいい時ですから写真もたくさん撮るでしょうし、子供の顔にいつもクマが出ていたら逆にお母さんが悩んでしまいますよね?

 

 

今回は、そんな遺伝的な目の下のクマについていろいろ調べてみました。

 

昔と違い、今は医学も化学も進歩していますので、きっと最良の方法が見つかると思いますよ!

 

 

 

 

生まれつきクマがあるってホント?

目の下のクマ,遺伝

 

 

実は、生まれつきクマがあることは珍しいことではないそうです。

 

というのも、クマは遺伝的な要素があるからなんです。

 

 

 

そして、この場合のクマというのは、ほぼ「青クマ」と考えられています。

 

では、どうして生まれつき目の下に青クマがあるのかというと、目まわりの筋肉である「眼輪筋」がうまく使われていないからだといわれています。

 

私たちの身体には実にさまざまな筋肉がついていますが、目まわりの筋肉、眼輪筋などはほぼ無意識レベルで動かしている筋肉です。

 

ということは、つまり、自律神経下にあると考えてもいいと思います。

 

 

 

生まれつきクマがある方というのは、自律神経の働きが弱いか、普通の人より意識して目まわりの筋肉を動かす運動をしなければいけないのかもしれません。

 

また、遺伝的なクマというのは、その部分に血液が溜まりやすいわけですから、ホットタオルなどで目を温めたり、目まわりのツボを刺激して血流促進をはかったりする必要も出てきます。

 

面倒で大変だと思いますが、これも宿命と自分の体質を受け入れて、どうせなら楽しく、クマのエキスパートになるつもりでお手入れしてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

遺伝的なクマを消す方法?

目の下のクマ,遺伝

 

 

もしアナタが遺伝的なクマでお悩みでしたら、現代に生まれたことに感謝しなければいけません。

 

というのも、今は美容医療の分野がかなり進歩していまして、自費治療にはなりますが、遺伝的でなかなか消えないクマも医学の力でなんとかなる時代なんです!

 

 

子供のころからクマがあると、夜更かししてゲームしてたの?とか、子供は早く寝なさい!なんて理不尽に叱られたりした経験もあるのではないでしょうか?

 

 

実は私の知り合いにも生まれた時からクマがあるという人がいるのですが、どんなにたっぷり寝ても必ず翌朝の寝起きには目の下にくっきりとしたクマが浮き出るそうなんです。

 

ところが最近は「めぐりズム」など目元を温めるアイテムが販売されたり、アイキララなどの化粧品もかなり高性能なものが増えましたので、だいぶ薄くなってきてはいるみたいです。

 

 

私の友人は男性なのでまだいいとしても、女性の場合はもっと深刻ですよね。

 

その場合は、切らずにクマを取る外科治療を検討してみてはいかがですか?

 

目の下のクマというのは第一印象を左右してしまうので、できれば若いうちに何らかの処置をしたほうがいいと私は思います。

 

 

中にはのん気に「チャームポイントにすれば?」なんていう人もいますが、えくぼや八重歯と違って、クマは全然チャームポイントにはならないと思うんですよね。

 

青クマばっちりの人がはじけるような笑顔を見せても、正直魅力的には感じられませんよね?

 

その人の人生を左右するものだと思うので、特に女性の場合は早めにアイキララなどでケアすることをおススメします!

 

 

 

 

目の下のクマが消えない?生まれつき?遺伝なの?まとめ

遺伝的なクマがあるなんて、知らない人も多かったのではないでしょうか?

 

もともと目まわりの筋肉がうまく使えない人がなりやすい傾向にあるそうなので、目をギュッとつぶってパッと開くなど、簡単な運動を取り入れて目のまわりの筋肉をしっかり刺激していきましょう!

 

また、アイキララなどのアイケアクリームを使いながら、眼輪筋のまわりを指圧したり、指でタッピングするなどマッサージもマメに行うと少しずつ違いが出てくると思いますので試してみてください。

 

そして、スマホの見過ぎには気をつけて、あまり目を酷使しないようにしましょうね♪

 

 

 

 

 

このページの先頭へ