MENU

毎日30秒!目の下のクマを消す簡単マッサージ術?

目の下のクマ,消す,マッサージ

 

 

目の下のクマって厄介ですよね〜。女性の場合、目の下にクマがあるだけで、いろいろとネガティブなイメージを持たれてしまうことが多いですよね・・・。

 

実際、目の下にクマが出るときというのは、忙しくて余裕がないときだったり、寝不足気味だったり、とにかく疲れていたりと、生活自体が不安定な時に、よりクッキリと出やすいような気がします。

 

疲れ顔や老け顔というのは、目まわりにハッキリと症状があらわれるんですよね。

 

 

 

ところで、目の下のクマにも種類がありまして、大きく「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」に分かれます。

 

寝不足や疲れたときに出やすいのが「青クマ」で、これは血行不良が原因といわれています。

 

また、目まわりの皮膚は非常に薄いため、アイメイクのクレンジングなどで強くこすったりすると色素沈着を起こしやすいのですが、その色素沈着が「茶クマ」です。

 

茶クマは目の下だけでなく、まぶたにも起こりやすいですよね。

 

「黒クマ」は、加齢により目まわりの脂肪が減ったり、皮膚がたるんだりすることで現れるクマで、特に顔に脂肪がつきにくい痩せ型の人に多いクマといわれています。

 

 

 

今回は、これら3種類のクマの中から「青クマ」に焦点を絞って、簡単にクマを薄くするマッサージ術などをお伝えしたいと思います!

 

 

 

青クマのうちに手を打たないと茶クマに進化?

目の下のクマ,消す,マッサージ

 

 

クマにも種類があるとお話ししましたが、青クマはクマの中でも比較的ケアしやすいクマになります。青クマは主に血行不良が原因ですから、目まわりの血流を良くしてあげれば必然的にクマは解消されてきます。

 

しかし、青クマが慢性化するような生活を送っていたり、青クマをそのまま放置してしまったりすると、その部分に血液の色素が沈着し、茶クマのように進化していくんです!

 

 

 

色素沈着した皮膚を元に戻すには、シミのケアと同様、美白アイテムなどを使い何度もターンオーバーを重ねて徐々に白くしていく必要があります。

 

が、目のまわりは、万が一目の中に入ってしまったら大変なので、あまり強力な美白化粧品は使えません。

 

なので、時間をかけて少しずつケアをしなければならず、長期戦を覚悟しなければいけません。

 

ということで、青クマのうちにしっかりケアしておけば、将来的にもずいぶんとお手入れが楽になると思いますからぜひ覚えておいてください。

 

もちろん、青クマを作るような生活習慣を改めることが先!ということを忘れないでくださいね♪

 

 

 

毎日30秒の青クマ撃退マッサージ術?

目の下のクマ,消す,マッサージ

 

 

「普段から生活に気をつけているのに、ついうっかり、クマを作ってしまった!しかも、今日は大事なプレゼンがあるのに!」

 

 

な〜んてこと、ありませんか?私は・・・あります(笑)。

 

毎日毎日、食事・睡眠・運動に気をつけて規則正しい生活を送っているにもかかわらず、会議やデートなど大切な日に限って、くっきりとした青クマが登場し・・・(泣)。

 

今回は、そんな憎き青クマを撃退するマッサージ法をお伝えします。

 

 

 

【青クマ撃退マッサージ法】

  1. 両手中指で目の下の骨に沿って5か所を3秒ずつゆっくりと指圧する
  2. そのままこめかみまで指を滑らせ、こめかみを強めに5秒ほど指圧する
  3. こめかみを押していた指を話し、止まっていた血液が流れるイメージをする
  4. まぶたの上の骨に沿って、両手親指でゆっくり指圧する
  5. まぶたの上から中指で優しく眼球を指圧する

 

 

 

以上です。どうですか?簡単ですよね?このマッサージは滞っていた血流を速やかに流す効果が期待できますので、寝不足などの青クマにはピンポイントで効くと思いますよ!

 

 

 

毎日30秒!目の下のクマを消す簡単マッサージ術?《まとめ》

目元のマッサージは覚えてしまえば、朝晩のスキンケアの時にもチャチャっとできますし、クマだけでなくむくんだ目元もスッキリしますのでおススメですよ!

 

また、時間があれば蒸しタオルなどをつかって目元を温めるとより一層効果的です♪

 

最近は「めぐりズム」などの目元専用の温感パック、アイキララなどのアイクリームなども販売されていますので、マッサージと併用してクマだけでなく疲れ目もケアしちゃってください!青クマを撃退して明るく健康的なイメージをキープしてくださいね!

 

 

 

このページの先頭へ