目の下のクマ 取る

それぞれのクマに有効な成分は違ってきますので、今回はクマ別に有効成分をご紹介していきたいと思います!
MENU

【徹底分析】目の下のクマを取るための有効な成分は?

目の下のクマ,取る

 

 

目の下にできたクマを取るために、有効な成分はあるのでしょうか?

 

クマには大きく分けて3種類あり、

 

 

  • 疲れや寝不足が主な原因である「青クマ」
  • 目元のこすりすぎや落としきれなかったメイクの色素沈着などによる「茶クマ」
  • 加齢とともに目元のコラーゲンが減少し、皮膚が痩せることによりできるくぼみの影が原因の「黒クマ」

 

 

この3つに分けることが出来ます。それぞれのクマに有効な成分は違ってきますので、今回はクマ別に有効成分をご紹介していきたいと思います!

 

 

 

「青クマ」に効果的な有効成分は?

目の下のクマ,取る

 

 

目まわりのうっ血により、目の下に青黒い色素が浮き出る「青クマ」。皆さんが一般的に考えるクマというのは、おそらく青クマのことだと思います。

 

青クマは不健康そうに見えたり、寝不足など生活の乱れを想像させてしまい、ネガティブなイメージがつきまといますよね?!

 

特に女性の場合は、肌もくすんで見えますし、本当にまったく良いことありません!

 

 

さて、青クマに有効な成分は、ズバリ「ビタミンK」と「ビタミンE」です。

 

この2つのビタミンは血行を促進する働きがあるので、目のまわりに溜まってしまった老廃物や血液を速やかに流す効果が期待できます。

 

 

ビタミンというのは非常にメジャーな栄養素ですが、体内で合成することが出来ないため外から摂取する必要があります。

 

サプリメントも良いですが、やはり目元に直接つけることができるアイキララなどのアイクリームで、この成分が配合されているものを選ぶのが賢い選択ですよ!

 

サプリなら、カシスやブルーベリーなどアントシアニンを豊富に含むものがおススメ♪

 

青クマは疲れからくることもあるので、スマホやパソコンで目を酷使することによる眼精疲労にも気をつけてくださいね!

 

 

 

「茶クマ」に効果的な有効成分は?

目の下のクマ,取る

 

 

茶クマは目のこすりすぎや落としきれなかったアイメイクの色素沈着が原因です。

 

実は、この茶クマが3つのクマの中でも一番厄介で、取るのに最も時間がかかるといわれているクマなんです・・・(泣)。

 

ですので、まずは茶クマを作らないように、アイメイクのクレンジングには細心の注意を払いましょう。

 

 

 

ゴシゴシこすって落とすクレンジングは「ダメ、ゼッタイ!!」(笑)。

 

 

 

出来れば目元専用のクレンジングを使って、優しく馴染ませるように落としましょう。

 

また、インラインに引いたアイラインなども残りやすいので、丁寧に時間をかけてクレンジングします。

 

 

残念ながら茶クマになってしまった方は、顔のシミと同様、ビタミンCを使って肌を白く戻していくケアになります。

 

ただし、目元の皮膚は大変薄く、また目の中に成分が入っては危険なので、あまり強力なビタミンCを使えないのがもどかしいところです。

 

高濃度のビタミンC誘導体が配合されたアイクリームを使うと安心ですね。

 

ビタミンCはコラーゲンを強くする働きもありますので、色素沈着を薄くするとともにハリのある目元にしてくれるのが嬉しいですね♪

 

 

 

「黒クマ」に効果的な有効成分は?

目の下のクマ,取る

 

 

黒クマはエイジングサインなので、エイジングケア成分全般が効果的です。

 

例えば、コラーゲンなどは代表的な有効成分ですし、ヒアルロン酸、プラセンタなどなど、目元をふっくらさせる成分が有効です。また、レチノールという成分は、肌のハリをアップさせる成分として注目が高いです。

 

 

黒クマは目元の皮膚痩せが原因ですので、コラーゲンやレチノールなどは肌に直接的にハリをもたせる働きがあるので覚えておくといいですよ♪

 

今は黒クマは美容医療で簡単にケアできるようで、時代は変わったなと思いますが、痛みもなくあっという間に黒クマとおさらばできるので、有効成分とともにこちらも検討してみてもいいかもしれないですね!

 

 

 

【徹底分析】目の下のクマを取るための有効な成分は?まとめ

いかがでしたか?クマに対する有効成分はそんなにめずらしいものではなくて、ビタミンやコラーゲン、ヒアルロン酸といったメジャーな美容成分でしたね!

 

クマは日頃の生活習慣がモロに出てしまうので、間違ったスキンケアを見直す良い機会と前向きにとらえていきましょうね!

 

アイケアとともにマッサージなども行うと、より一層効果的だと思います♪

 

 

このページの先頭へ